身体の話

心身ともに健康に⑨挫傷について!!

前回は⑦ケガについて!!に触れました
今日は 「 ざしょう 」 についてお話ししていきます
私たちが取り扱う 「挫傷」 について

百科事典マイペディアの解説
挫傷【ざしょう】
打撲などの鈍力による外傷で,皮膚表面の損傷が少なく
皮下組織の損傷が主体をなすもの。
症状は皮下出血,浮腫(ふしゅ)などがおもで
さらに深部の骨,腱(けん),内臓の損傷を伴うことがある。
→関連項目むち打ち症

整骨院でよく扱うものとしては

「 筋挫傷・腱挫傷・骨挫傷 などです」

一般に筋違いや肉離れとよばれる外傷は、正式名を筋挫傷(きんざしょう)といいます。
筋挫傷とは、筋肉や腱(筋肉を骨に付着させる組織)が
無理に伸ばされることによって生ずる怪我です
筋組織をやや伸ばした程度の軽度のものから
組織が完全に断裂してしまう重度のものまで色々で
痛みや腫れ、その筋肉を使っての動作ができないなどの
機能低下まで症状はさまざまです。

繰り返される筋肉の収縮や過収縮・過伸張によって
筋肉等が微小に損傷したり、時には筋断裂の様に
切れてしまうこともあります

ねんざの方でもお話ししたように
「 くせになる 」方も多いです

リハビリしているのに
再受傷なんて ざらですね・・・
なんでかって??

運動やスポーツにおいては
走ったり
急なストップ
急なターン
などが多いのに

リハビリトレーニングでは
非常に単発的な運動のみで
現場復帰させているケースも多いので
再負傷しちゃうんです

まずは
身体の正しい動きや自分の体のレベル
使い方しっかり知る事から始めましょう

今日も読んで頂き感謝です(*´▽`*)V

-身体の話

Copyright © みなとオアシス整骨院 All Rights Reserved.