身体の話

心身ともに健康に⑲人間のシステムについて!!

前回は⑱骨盤矯正について! 触れました
今日は「 人間のシステム 」についてお話ししていきます

人は生きていく為には
様々なことをしていますね

例えば
寝る・動く・働く・食べる・話す・・・etc

人の体のシステムは
大きく分けて2つあります

①健康を維持するためのシステム
②健康を害される OR 害された時のシステム

今日は広い範囲のお話しをしていきますね
読んでいる方へ少しでも参考になればと思います

①健康を維持するシステム

「おぎゃ~」と生まれて

「すぅ~」と亡くなっていくまで

人は生き続けています

その為には

体には様々なシステムが存在しますね
息をして「酸素を取り込む」活動する「エネルギーを作り出し循環させる」
エネルギーとなるものを取り込んで「消化⇒吸収⇒排泄」
それらを毎日、維持していきますよね「指令や伝令を送り、調整する」

②健康を害されるOR害された時のシステム

逆に体の外には様々な身体に影響を与えるシステムが存在します
大気汚染・気候的寒暖差・アレルギー物質・仕事における時間的拘束ストレス
対人関係ストレス・欲求解消なされないストレス・ウイルス・菌 …etc
あげればきりがないでしょうね

平均寿命

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
出生時、つまり0歳時の平均余命をとくに平均寿命という。
日本における平均寿命は、平成22年簡易生命表によると
男の平均寿命は79.55年、女の平均寿命は86.30年

健康寿命

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
ヒトが心身ともに健康で自立して活動し生活できる期間。
クオリティ・オブ・ライフという考え方に根ざして
ヒトがどれだけ健康で豊かに生きられるかを表す指標といえる

「健康で自立して活動し生活できる期間」
具体的には、自力で食事、排泄(はいせつ)、入浴、更衣、移動など
日常生活動作が可能で、かつ認知症などを伴わずに自分の意思によって生活できる期間
2010年(平成22)の健康寿命を
男性70.42歳(平均寿命79.55歳)、女性73.62歳(同86.30歳)

その差は
男性で9.13(約9年間)
女性で12.68(約12年間)
何らかの理由で活動的ではなかったことが言える

昨今は情報社会で手軽にスマホやメディアで
情報が入りやすいですが
必ずしもすべてがあっているわけではないと
思ってください
良かれと思っていたこと(自分自身の今まで学んだ経験や思考)が
間違っていることもあります

正しい入力をアップデートして
自分自身の健康寿命を延ばしましょう

心身ともに健康・湧き出る笑顔
健やかなる未来を手に入れる為の
お手伝いをします!!

LINE ID : @051ogmtx

みなとオアシス整骨院LINE_QR

エキテン

みなとオアシス整骨院エキテン_QR

まずは気軽に相談からしてみてはいかがでしょうか?
今日も読んで頂き感謝です(*´▽`*)V

-身体の話

Copyright © みなとオアシス整骨院 All Rights Reserved.